素人アフィリエイターの副業備忘録

副業に関する備忘録を綴ります。

Wordpress

最初に入れておきたいオススメのWordPressプラグイン〜基本編〜

前回、プラグインってナニ?と、プラグインの使い方について説明しました。
「どんなプラグインがあって、ナニがうれしいの?どれを選べば良いか判らない」といった悩みにお答えすべく、初心者の方が最初に入れておいたら良いと思うプラグインをご紹介します。
第1回目は、Wordpressを使う上で基本的に入れておきたいプラグインをご紹介します。

スポンサーリンク

基本的に入れておきたいプラグイン

Akismet

このプラグインは、記事に対するコメントの中にスパムコメントの有無を自動的にチェックして表示する・しないを処理してくれるプラグインです。
Wordpressをインストールすると最初から入っています。
使用する上で多少の登録作業は必要ですが、必ず有効化しておきましょう。

EWWW Image Optimizer

ブログ記事で文字ばかりだと読みづらくなるので画像も入れると効果的です。但し、画像ファイルは適切なデータ量でないとサイトが遅くなる原因となります。
このプラグインは、画像ファイルをアップロードする時に自動的に圧縮し画像データ量を軽量化してくれます。初心者には嬉しいプラグインの一つです。

WP Multibyte Patch

このプラグインもWordpressに最初からインストールされているプラグイン。
Wordpressを日本語環境で正しく動作させるためのプラグインなので、必ず有効化しておきましょう。

Broken Link Checker

このプラグインは、自分のブログ内にある外部へのリンクについて「リンク切れ」がないか自動的にチェックしてくれるプラグインです。
詳しくは書きませんが、SEO的にもリンク切れが無いことが重要となりますので、必ず入れておきたいプラグインです。

Google XML Sitemaps

このプラグインは、自分のブログの地図のようなものである「XMLサイトマップ」を生成してくれます。
Google、Bing、Yahooなどの検索エンジンは、各サイトのXMLサイトマップを見て索引を作り検索結果に反映しています。検索エンジンに対し自分のブログをより良く索引付けしてもらうために必ず入れておきたいプラグインです。

PubSubHubbub

このプラグインは、Googleの検索エンジンに対して、新しく投稿した記事を、ほぼリアルタイムにインデックスさせることができるプラグインです。「更新しましたよー」ってお知らせしてくれるんですね。
これもかならず入れておきましょう。

Contact Form 7

ブログには自分からの一方的な発信だけではなく、「お問い合わせ」画面も実装しておきましょう。その際に重宝するのがこのプラグイン。
ブログを閲覧してくれた人が問い合わせを行う場合に使用する「メールフォーム」を簡単に作成・実装できるプラグインです。
お問い合わせ画面も簡単に作成できますよ。

自分のサイトに合ったプラグインを使うべし

以上が「初心者がまずは入れておきたいプラグイン」です。
その他にも、自分のブログへの集客に役立つ「All in One SEO Pack」やFacebookなどのSNSとの連携に便利な「Jetpack」といった著名なプラグインもありますが、使用するテーマによっては実装済みの機能もあるので、必要に応じてインストールすれば良いと思います。

使うテーマに上記の機能があるのかを調べてからプラグインを選べばイイと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-Wordpress
-,