素人アフィリエイターの副業備忘録

副業に関する備忘録を綴ります。

Wordpress

最初に入れておきたいオススメのWordPressプラグイン〜投稿の編集編〜

2017/02/19

第2回目は、記事を投稿(作成)する際に使う編集画面で便利なプラグインです。

スポンサーリンク

記事を投稿する際の編集用プラグイン

記事を投稿する際に使用するところが「投稿の編集」画面。
ここでは、見た目に近い形での編集ができる「ビジュアルエディタ」と、htmlを直接記述する「テキストエディタ」があります。
初心者の方は「ビジュアルエディタ」での記事編集が中心になると思いますが、ここでWordpress標準機能では初心者の方には編集に一苦労する部分が。
次のプラグインを入れておけば、記事編集が楽になりますよ♪

TinyMCE Advanced

テキストエディタでhtmlを直接記述しなければならないものを、ビジュアルエディタ上でメニューボタン化してくれるプラグインです。
「表形式のものを作りたい」「動画を挿入したい」など、Wordpress標準では苦労する編集も、このプラグイン一つで直感的に操作できます。

WordPress標準のメニュー

TinyMCE Advancedプラグインを入れた場合のメニュー

メニューボタンとして追加できる機能は以下のとおりです。

TinyMCE Clear Float

文字の周り込みを解除してくれるプラグイン。
Wordpressのビジュアルエディタで画像を左側に配置して、その後に文字を入力すると下のようになります。

これを「文字の周り込み」と呼びます。しかし、周り込みさせたくない場合にはうまく編集できません。
周り込みさせたくない文字や画像を「周り込み解除」できるプラグインがTinyMCE Clear Floatです。

使用するテーマによっては、多少のカスタマイズ(style.cssに追記程度)が必要となるものもあるようなので、テーマにあったカスタマイズ方法をネットで検索して調整してください。
ちなみに私は、下の方法でカスタマイズしています。
「うぇぶあしび」のDICEさんには、いつもお世話になっております。(感謝)

WordPress:画像に文字をキレイに回り込ませる方法【スマホ対応】
やってきました!「うぇぶあしび お悩み解決!」のコーナーです。 ありがたいことに ...
初心者の一番悩みが編集画面。このプラグインで簡単に!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-Wordpress
-,